看護師の仕事

【看護師の職場の種類】働く場所はいっぱいある!次の転職先は?

看護室

 

看護学生
看護学生
「 看護師になったら働ける職場の種類を知りたい。」
現役看護師
現役看護師
「転職しようかなぁ〜次は病院以外で働いてみようかな。看護師が働く場所って他にどこがあるんだろう?」

 

こんな疑問にお答えしたいと思います。

 

この記事の内容
  • 看護師が働ける職場の種類
  • 看護師が働く場所の特徴

 

10年以上の看護師歴を持つ筆者ですが、転職や派遣, アルバイトなどを通じて様々な職場で看護師として働いてきた経験があります。

 

看護師が働ける職場の種類と特徴について、現役看護師が分かりやすく解説します。

 

看護師の銅像
【看護師に向いている人】の性格とは。適性をチェック!自分は看護師に向いているのか、看護師に向いていないかもしれない、看護師に向いている人の性格って?という方向けに、看護師に向いている人の性格や看護師に向いているかの適性チェックをまとめました。看護師に向いている人の性格、看護師の適性チェックについて現役看護師が解説します。...

 

看護師の職場の種類と特徴

病院のベッド

 

看護師が働くことのできる職場の種類は次のとおりです。

 

看護師の職場の種類

  1. 病院
  2. クリニック/診療所/医院
  3. 人間ドック, 健診/検診センター, 献血ルーム
  4. 特別養護老人ホーム(特養), 介護老人保健施設(老健)
  5. デイサービス(通所介護)
  6. 保育園, 幼稚園, 託児所
  7. 地域包括支援センター
  8. 訪問看護ステーション
  9. 保健所
  10. 学校, 大学
  11. 一般企業(産業看護師)
  12. 臨床開発モニター(CRA), 治験コーディネーター(CRC)
  13. イベント, ツアー
  14. コールセンター
  15. ライター

 

看護師が働く場所には、病院以外にもたくさんの選択肢がありますね。

 

看護師の職場の特徴を、上記①〜⑮の順番に解説していきたいと思います。

 

看護師の職場① 病院

 

病院とは、病床数20床以上の入院施設(病床)を持つところをいいます。

病院の中でも、さまざまな部署で看護師は働いています。

 

病院の中で働く主な看護師の種類は下記です。

  1. 病棟看護師
  2. 外来看護師
  3. 手術室看護師
  4. 救急室看護師
  5. 集中治療室看護師
  6. 内視鏡室看護師

 

病院における看護師のポジションは色々ありますが、配置によって仕事内容や役割は異なります。

 

病院で働く看護師の場所ごとの特徴を、上記①〜⑥の順番に紹介します。

 

1. 病棟看護師

 

病棟看護師は、病院に入院している患者の看護を行います。

病院には様々な診療科があり、診療科によって病棟が分かれ仕事内容も変わってきます。

 

主に、内科, 外科, 皮膚科, 耳鼻咽喉科, 眼科, 小児科, 婦人科/産婦人科, 放射線科, 精神/心療内科, リハビリテーション科などの病棟があります。

内科や外科病棟の中からもさらに、臓器によって病棟が分かれています。

 

働き方としては、入院している方の看護になるので、日勤だけでなく夜勤勤務も発生します。

2交代または3交代によるシフトとなります。

 

関連記事:【病棟看護師の役割】7つを経験者が解説します。

関連記事:看護師の【夜勤での役割】ってなに?職場と部署ごとに経験者が解説する。

 

2. 外来看護師

 

外来看護師は、外来に受診する患者の看護を行います。

初診や定期検診で訪れる患者への診療のサポートをしたり、入院が必要と診断された患者の申し送りを病棟看護師へしたりします。

 

病棟同様、診療科によって外来が分かれています。

内科, 外科, 皮膚科, 耳鼻咽喉科, 眼科, 小児科, 婦人科/産婦人科, 放射線科, 精神/心療内科, リハビリテーション科などの外来があります。

内科や外科外来の中からもさらに、臓器によって外来が分かれています。

 

働き方としては、日勤のみの勤務で土日休みが多いですが、外来の受付時間に合わせた勤務となるので病院によって異なります。

 

3. 手術室看護師

 

手術室看護師は、手術室での医師のサポートや患者の看護を行います。

手術のための環境整備や器材の準備、執刀医への器具の手渡し、麻酔時の介助、手術の記録などを行います。

 

働き方としては、2交代または3交代によるシフトとなり、日勤に加えて夜勤も発生します。

手術内容によっては、1つの手術が長時間に及ぶこともあります。

 

4. 救急室看護師

 

救急室看護師は、救急車で運ばれてきた救急患者への看護を行います。

救急指定病院の中でも、症状や緊急性によって「一次救急, 二次救急, 三次救急」と受け入れる救急患者が3段階に分かれています。

急な外傷や容態急変、事故などによって様々な患者が運ばれてきますが、段階によって受け入れる患者の重症度も変わります。

 

働き方としては、二次救急と三次救急の病院では夜勤が発生するので、2交代または3交代勤務となります。

 

5. 集中治療室看護師

 

集中治療室看護師は、集中治療室内に入院している患者への看護を行います。

病院によって、集中治療室の中にもICU, CCU, HCU, NICUなどに分かれています。

 

ICU(Intensive Care Unit)では、救急外来を受診した重症患者や病棟で容態が急変した患者、大手術後(脳神経外科、消化器外科など)で厳密な周術期管理を要する患者の看護をします。

 

CCU(Coronary Care Unit/Cardiac Care Unit)では、冠動脈疾患(急性心筋梗塞や狭心症)、循環器科の急性/重症患者の看護をします。

 

HCU(High Care Unit)では、重症患者や全身麻酔手術後、一般病棟での管理が困難な急性期/周術期患者の看護をします。

 

働き方としては、2交代または3交代勤務で夜勤も発生します。

 

6. 内視鏡室看護師

 

内視鏡室看護師は、内視鏡室内で内視鏡検査と治療の必要な患者への看護を行います。

 

内視鏡室では、ポリープや早期癌の切除, 止血処置, 胃ろう造設, 胆管のステント留置や胆石の除去などが行われています。看護師は医師の介助や説明などを行います。

 

働き方としては、主に日勤のみの勤務となります。

 

看護師の職場② クリニック/診療所/医院

 

「クリニック/診療所/医院」は、無床もしくは19床以下のところをいいます。

病院と比べて規模が小さくなるため、各診療科に特化した「クリニック/診療所/医院」になります。

 

診療科は、内科, 外科, 皮膚科, 耳鼻咽喉科, 眼科, 小児科, 婦人科/産婦人科, 放射線科, 精神/心療内科, リハビリテーション科, 美容皮膚科や美容外科などがあります。

 

働き方としては、各「クリニック/診療所/医院」による営業時間に合わせた勤務となります。

土日休みのところもあれば平日と日曜休み、日中だけのところもあれば夜9時まで診察、などと様々です。

 

診療科によって仕事内容は変わってきますが、病院に比べて少人数での勤務となるため同じスタッフと関わる時間が増えます。

 

看護師の職場③ 人間ドック, 健診/検診センター, 献血ルーム

 

「人間ドックや健診/検診センター」では、企業内検診や個人で来院する患者の問診と身体計測、採血などを検査内容に応じて行います。

 

献血ルームでは、建物内の献血室または献血専用のバスに同乗して各地を訪れ採血を行います。

 

働き方としては、日勤のみの勤務になります。土日祝日は営業していないところが多いですが、営業時間は職場によってさまざまです。

派遣やアルバイトでの募集もあります。

 

看護師の職場④ 特別養護老人ホーム(特養), 介護老人保健施設(老健)

 

特別養護老人ホーム(特養)は、介護や生活支援を受けながら長く生活をする施設で介護老人福祉施設とも呼ばれています。

介護老人保健施設(老健)は、介護に加えリハビリによって家庭復帰を目指す施設です。

 

施設利用者の健康管理と健康相談が主な仕事となり、バイタル測定や病状観察、服薬管理、注射、点眼や軟膏類の塗布、医師の診察補助、カルテや健康診断の管理、介護職員への医療に関する指導などを行います。

勤務先によって、食事介助や清拭または入浴介助などの生活援助も行うことがあります。

 

働き方としては、勤務先によって変わってきますが、2交代で夜勤も発生する場合や夜間はオンコール待機のある場合があります。

施設あたりの看護師の常駐人数が少ない(1〜3人/日勤)です。

派遣での単発の求人もあります。

関連記事:看護師の【夜勤での役割】ってなに?職場と部署ごとに経験者が解説する。
関連記事:【看護師】が【派遣】で働くメリットデメリット。転職前に知っておきたい!

 

看護師の職場⑤ デイサービス(通所介護)

 

デイサービス(通所介護)では、要介護認定を受けた方が身体機能の維持・向上を目指して機能訓練をします。

他者との交流を通じて認知症予防、介護者(家族)の身体的・精神的負担の軽減をも目的としています。

 

1日または半日の利用時間のデイサービスセンターで、利用者は自宅や施設から通所されます。

 

働き方としては、通所なので宿泊設備がないため、基本的に日勤のみの勤務となります。

単発アルバイトの求人もあります。

 

看護師の職場⑥ 保育園, 幼稚園, 託児所

 

「保育園, 幼稚園, 託児所」では、園児たちの健康管理(発熱時やケガをした時の応急処置など)や集団感染の予防、園児の家族への情報共有や健康指導などを行います。

園によっては、保育士や幼稚園教諭らと共に子ども達の世話をしたり一緒に遊んだりもします。

 

働き方としては、主に平日の日勤勤務となり、土日にイベントがある場合には出勤することもあります。

園内では看護師一人で働く場合がほとんどのため、何か起きた場合には判断力や行動力が求められます。

 

看護師の職場⑦ 地域包括支援センター

 

地域包括支援センターは、地域住民の健康維持や保健・医療・福祉の向上、虐待防止など地域住民が安心して暮らせるよう支援していくところです。

 

働き方としては、主に日勤勤務となります。

 

看護師の職場⑧ 訪問看護ステーション

 

訪問看護ステーションは、病気や障害のある利用者が自宅で療養生活を送れるよう看護師が利用者の自宅へ訪問し看護を行う派出所です。

訪問看護は、利用者の自宅で主治医の指示書のもと医療ケアを実施します。

 

バイタルサインのチェック、尿カテーテルの交換やケア、点滴、インシュリン注射、服薬指導、褥瘡(床ずれ)の予防などの利用者によって必要な処置を行います。

利用者一人一人の住宅環境や暮らし方に合わせた個別性のある看護計画の立案と実施をしていきます。

 

働き方としては、日勤のみ、夜間オンコール、夜勤ありなど様々です。

 

複数の介護士と共に利用者宅へ訪問して入浴を介助する、訪問入浴介助の仕事もあります。

入浴介助のみの単発派遣アルバイトもあります。

 

看護師の職場⑨ 保健所

 

保健所では、地域住民の健康管理や衛生管理、予防注射、健康相談や指導、医師の診察サポートなどを行います。

 

働き方としては、平日の日勤のみの勤務となります。

 

看護師の職場⑩ 学校, 大学

 

小学校、中学校、高等学校、大学では、保健室で生徒たちの健康管理や衛生管理などを行います。

 

看護師養成所では、看護師を目指す学生へ授業や実習指導を行う教員として働きます。

 

働き方としては、平日日中の勤務となります。土日にイベントがある場合には出勤することもあります。

生徒たちの夏休みや冬休みに合わせて長期休暇を取得できることもあります。

 

看護師の職場⑪ 一般企業(産業看護師)

 

一般企業の中には、従業員用の心身の健康管理や相談を行う健康管理室という部門がある企業があり、そこで働く看護師を産業看護師と言います。

 

従業員の心身の健康相談、病気やケガについての相談や対応、健康診断の管理、ストレスへの対応などを行います。

 

働き方としては、一般企業の社員として働くため、基本的には平日の日勤のみの勤務となります。

 

看護師の職場⑫ 臨床開発モニター(CRA), 治験コーディネーター(CRC), MR

 

臨床開発モニター(CRA)は、治験(臨床試験)が適切に実施されるように症例データの収集やモニタリング、進捗状況の管理を行います。

治験コーディネーター(CRC)は、治験の説明や治験の対象となる患者さんの管理を行います。

MRは、製薬会社や医療機器メーカーにて、病院への医療商材の販売や医療情報の提供を行います。

 

働き方としては、日勤の勤務となります。同じ場所で働くタイプと出張の多い職場があります。

看護師として働くというよりは、看護師の資格や経験を活かして働くかたちです。

看護師からMRになるにはハードルが高いとも言われています。

 

看護師の職場⑬ イベント, ツアー

 

スポーツ大会やコンサート会場などイベントの救護室で働くイベントナースや、修学旅行や高齢者の旅行などに同行するツアーナースと言われる仕事があります。

 

働き方としては、季節や一定の時期に応じて、単発またはパートや非常勤での勤務が多いです。

同行内容によっては、一緒に旅行先に宿泊して夜間も何かあれば対応するツアーやイベントもあります。

 

看護師の職場⑭ コールセンター

 

コールセンターの看護師は、コールセンターを運営している企業で医療や健康相談の電話対応を行います。

相手の顔色や動作を見て会話をすることなく、ヒアリングすることになります。

 

働き方としては、24時間対応のコールセンターもあれば、企業の営業時間内だけの日勤勤務のところもあります。

 

看護師の職場⑮ ライター

 

メディカルライターと呼ばれるライターは、病院や製薬会社から依頼された臨床試験の企画書や治験結果の報告書、論文から医療に関する記事などを作成します。

 

働き方としては、日勤のみの勤務となりますが、家で出来る仕事でもあるので、職場によってはリモートワークが可能です。

薬剤師などが多く働いている職場で、看護師の求人は少なくハードルは高めです。

 

看護師ライターと呼ばれている、クラウドソーシング(CrowdWorks(クラウドワークス)など)で案件を受注して看護に関する記事作成をしたり、ブログを通じて発信する看護師も増えています。

看護に関する記事だけでなく、幅広くライター業をされている看護師もいます。

 

関連記事:【看護師の副業】資格とスキルを活かしたおすすめのダブルワーク!

 

まとめ

看護師として働ける職場や、看護師の資格や経験を活かして働ける職場はさまざまあります。

各職場の特徴から、自分に合った職場や働き方を見つけていきたいですね。

 

 

あなたにおすすめの記事
【看護師に向いてない、辞めたい】と思う人の失敗しない解決策!看護師に向いてない辞めたいと思う理由、看護師を辞めてもいい人や職場を変えてもいい人の特徴をまとめました。看護師に向いてない辞めたいと思う人が辞めたいから辞めるでは転職を繰り返すだけです。看護師に向いてない辞めたいと思う人が看護師や職場を辞めて後悔しないように参考にして欲しい内容です。...
のんびり
【のんびり働きたい看護師】におすすめの楽な職場や働き方とは!のんびり働きたい看護師、のんびり屋な性格の看護師に合う楽な職場やのんびり働くのにおすすめの転職先を知りたい方に、のんびり働きたい看護師におすすめの楽な職場とのんびり働きたい看護師に適した働き方を紹介します。10年以上の看護師歴を持つ筆者は、転職や派遣・単発のアルバイトなどを通じて様々な職場で看護師として働いてきた経験があります。実際に働いてみて得た情報から、のんびり働きたい看護師へのおすすめの職場や適した働き方について解説します。...
看護師のポケットの中身・持ち物
【看護師のポケットの中身】おすすめの持ち物と必需品はコレ!看護師のポケットの中身って?看護師のポケットの中身の必需品やおすすめの持ち物を知りたい方向けに看護師のポケットの中身の必需品と看護師のポケットの中身におすすめな持ち物を紹介します。看護師歴10年以上の筆者がこれまで使ってきたナースグッズから看護師のポケットの中身の必需品と便利な持ち物のおすすめを解説します。...